HOME

連載寄稿(全19課)

鈴木泰之

スヴェーデンボリ研究誌『荒野』(廃刊)に掲載された記事をWeb公開のために執筆者本人が修正、再編成しました。


第1課 ECCE HOMO
1-0 事前準備――辞書・参考書・聖書(永井訳など)・蘭学事始から
1-1 単語・文法――格・ホモなど
1-2 私訳――練習問題  et tu, Brute!   tu es Filius meus dilectus.
雑談「ほら」について
1-3 感想
1-4 祈り
第2課 QUO VADIS
2-0 余談
2-1 前談――やはり蘭学事始から,練習問題 hodie, non cras
2-2 単語・文法――動詞
2-3 本の題名『クォ・ヴァディス』
2-4 Domine quo vadis――聖書での掲載箇所
2-5 感想
2-6 祈り
第3課 VIA, VERITAS, VITA
3-0 語呂のよさ――練習問題 veni, vidi, vici.
3-1 単語・文法――練習問題 cogito ergo sum.
3-2 Eγω ειμι η οδος και η αληθεια και η ζωη
3-3 エゴー・エイミ・〜」――ヨハネ福音書での登場箇所
3-4 道草(3点セット)
3-5 祈り
研究 VerumとVeritas
第4課 DE PROFUNDIS
4-0 「深き淵より」(どん底から)
4-1 単語と文法
4-2 Domene exaudi vocem meam. (ついでに第2節)
4-3 どん底からの叫び
4-4 祈り
4-5 余談:スヴェーデンボリお気に入り(?)の言い回し
第5課 QUAERITE PRIMO DEGNUM DEI
5-0 QUAERITE PRIMO REGNUM DEI, ET JUSTITIAM EJUS, ET OMNIA ADJICIENTUR VOBIS.
5-1 単語と文法
5-2 内意は?
5-3 想う
第6課 QUOD SCRIPSI, SCRIPSI
6-0 Iesus Nazarenus Rex Iudaeorum
6-1 単語と文法
6-2 ピラトの心のうちは?
6-3 想う
第7課 QUOD OMNIS RELIGIO SIT VITAE, &QUOD VITA EJUS SIT FACERE BONUM.
7-0 Omnis religio est vitae, et vita ejus est facere bonum.
7-1 単語と文法
7-2 vitaの訳語は?
第8課 スヴェーデンボリの“主の祈り” “Oratio Domini”
8-0 この課は「学ぼう」というよりも「課外研究編」
8-1 ラテン語による「主の祈り」には(翻訳の違いもあって)異読がある
8-2 声に出して唱えてみよう
8-3 「主の祈り」についてスヴェーデンボリによる説明
第9課 PATER NOSTER QUI ES IN COELIS
9-0 “Ρατερ ήμων ό εν τοις ουρανοις,”
9-1 単語と文法
9-2 直訳すれば
9-3 「父よ(お父さん)」とは衝撃的「出だし」
9-4 「私の」でなく「私たちの」
9-5 視線はどこに向けるのか? 天
第10課 SANCTIFICETUR NOMEN TUUM.
10-0 “Αγιασθητω το ονομα σου”
10-1 単語と文法
10-2 直訳すれば
10-3 鳥田四郎『主の祈り霊解』より
10-4 祈り――「あなたのお名前が聖なるものとなりますように」
第11課 VENIAT REGNUM TUUM.
11-0 “ελθετω ή βασιλεια σου”
11-1 単語と文法
11-2 あなたの御国が来ますように
11-3 「神の国」Regnum Dei
11-4 「主は天にその王座をすえられ,その王国はすべてを治められる」
第12課 FIAT VOLUNTAS TUA, SICUT IN COELO ETIAM IN TERRA.
12-0 “γενηθητω το θελημα σου, ώς εν ουρανω και επι γης”
12-1 単語と文法
12-2 あなたのみこころが,天界でのように地でも,行なわれますように
12-3 “天と地”“内なる人と外なる人”
12-4 神は「光よ,あれ(fiat lux)」と言われた.
第13課 PANEM NOSTRUM QUOTIDIANUM DA NOBIS HODIE.
13-0 “τον αρτον ήμων τον επιουσιον δος ήμιν σημερον”
13-1 単語と文法
13-2 問題の語:επιουσιον(日ごとの)
13-3 イエス(ラビ)の聖書引用法
13-4 毎日「定められた」パン
13-5 毎日,1日分のパン
13-6 もう一つの注目点:「きょう」
13-7 私たちの日ごとのパンを,きょう私たちにお与えください.
第14課 REMITTE NOBIS DELICTA NOSTRA, SICUT NOS REMITTIMUS DELINQUENTIBUS CONTRA NOS.
14-0 “και αφες ήμιν τα οφειληματα ήμων, ώς και ήμεις αφηκαμεν τοις οφειλεταις ήμων”
14-1 単語と文法
14-2 独特な“DELICTA”
14-3 義務(負い目)と罪の中間に…
14-4 罪人であることの自覚→悔い改め→罪の赦し
14-5 「赦しなさい,そうすれば自分も赦されます」(ルカ 6:37)
14-6 情けは人のためならず
14-7 祈り
第15課 NE INDUCAS NOS IN TENTATIONEM, SED LIBERA NOS A MALO.
15-0 “και μη εισενεγκης ήμας εις πειρασμον αλλα ρυσαι ήμας απο του πονηρου”
15-1 単語と文法(ラテン語←ほぼ問題なし)
15-2 スヴェーデンボリによれば→その内意
15-3 “試練”とは何だろうか?
15-4 余談:試練=罪の告白
第16課 TUUM EST REGNUM, POTENTIA ET GLORIA, IN SAECULA. AMEN.
16-0 “ότι σου εστιν ή βασιλεια και ή δυναμις και ή δοξα εις τους αιωνας αμήν”
16-1 単語と文法(ラテン語←問題なし)
16-2 御国と力と栄光は,永遠にあなたのものでありますから
16-3 “主の祈り”を自分なりに再構築してみよう
第17課 ET CETERA
17-0 ついでに
17-1 Virus(ウィールス,英語・ドイツ語“virus”ビールス)
17-2 Lapis lazuli(ラピスラズリ,青空色の宝石)
17-3 Et cetera(エトセトラ,その他,等々,など,ect.)
17-4 Aura(アウラ,英語“aura”読みでオーラ)
第18課 THEATRUM
18-0 テアトル(自然の万物は主の王国を表わす“劇場”である)
18-1 人生(vita)もまた劇場に例えられる
18-2 Aurora(アウローラ,英語で“オーロラ”)
18-3 Requiem(レクイエム,死者のためのミサ,鎮魂曲)
18-4 Animal(アニマル,英語の“動物”の語源)
18-5 Ego(エゴ,英語も ego)
18-6 Infra(インフラ,インフラストラクチュアー)
第19課 スヴェーデンボリの言葉(1)
19-0 スヴェーデンボリの教えの特徴をよく示す言葉
19-1 amor actu est opus et factum. 『天界と地獄』483
19-2 fugere mala ut peccata est signum fidei. 『黙示録講解』936
19-3 ipsum malum …in disunione consistit 『天界の秘義』4997:2
19-4 si vis duci a Divina Providentia, utere prudentia, sicut servus et minister, qui fideliter dispensat bona domini sui 『神の摂理』210:2
19-5 servire Domino……est liber esse 『天界の秘義』8988:2
第20課 スヴェーデンボリの言葉(2)
★好著紹介
20-1 resistere uni malo est resistere multis,… ; quodvis enim malum conjunctum est cum malis innumerabilibus; 『黙示録講解』1166
20-2 Quod Essentia amoris sit amare alios extra se, velle unum cum illis esse, et beatificare illos ex se.『真のキリスト教』43
20-3 si…plus studeat proximo et Domino quam sibi, tunc in regenerationis statu est; 『天界の秘義』3570:2
20-4 bonum est sicut flammula quae dat lucem et illuminat, et facit ut homo vera videat, percipiat et credat; 『天界の秘義』5816:2
20-5 pax in se habet confidentiam in Dominum, quod Ipse regat omnia ac provideat omnia, et quod ad finem bonum ducat; 『天界の秘義』8455:2
課外編
原典を読むことの必要性とありがた味