新しいエルサレムとその天界の教義

ラ和対訳 目次

*ここでは初版のラテン語原文そのままではなく、校訂されたラテン語原文を用いました。
和訳は鈴木泰之訳を用いています(ぶどうの木出版刊―訳者の転載許可を得ています)。
The Lord's New Church 発行の「ラ英対訳版」を参照しつつ、学習の便宜上、文字色を変えるなどの加工をほどこしています。
ラテン語原書の初版には『天界の秘義』からの引照箇所の数字などに誤りと思われるものがあり、採用した原文ではその部分に ? マークが付加されています。
初版原書は次のサイトで公開されています。 →
Bayside Swedenborgian Church


1〜7 De Novo Coelo et Nova Terra;
 et quid per "Novam Hierosolymam" intelligitur
新しい天と新しい地について、
 「新しいエルサレム」によって何が意味されるか 
8〜10 Prologus ad Doctrinam 教義への序説
11〜27 De Bono et Vero 善と真理
28〜35 De Voluntate et Intellectu 意志と理解力
36〜53 De Interno et Externo Homine 内なる人と外なる人
54〜64 De Amore in genere 愛全般
65〜83 De Amoribus Sui et Mundi 自己と世への愛
84〜107 De Amore erga proximum, seu de Charitate 隣人に対する愛、すなわち仁愛
108〜122 De Fide 信 仰 
123〜129 De Pietate 敬 虔
130〜140 De Conscientia 良 心
141〜149 De Libero 自 由
150〜158 De Merito 功 績
159〜172 De Paenitentia, et Remissione Peccatorum 悔い改めと罪の赦し
173〜188 De Regeneretione 再 生
187〜201 De Tentatione 試 練
202〜209 De Baptismo 洗 礼
210〜222 De Sancta Cena 聖 餐
223〜229 De Resurrectione 復 活
230〜240 De Coelo et Inferno 天界と地獄
241〜248 De Ecclesia 教 会
249〜266 De Scriptura Sacra sive Vero 聖書または聖言
267〜279 De Providentia 摂 理
280〜310 De Domino
311〜325 De Regimine Ecclesiatico et Civili 教会と市民の統治

HOME